小児歯科

子どものころからしっかりケア

子どものころからしっかりケア子どもの乳歯はやがて永久歯に生え替わります。だからといって乳歯の虫歯を軽く見ていると、永久歯の強さや生え方に悪影響が出ることがありますので、乳歯の段階からケアを怠らないことが大切です。

乳歯は永久歯よりも柔らかく、虫歯になりやすい傾向にあります。虫歯を引き起こす虫歯菌は両親をはじめ、子どもの近くにいる大人から感染します。ただ、子育ての中でこの感染をシャットアウトすることはできません。したがって、きちんとしたケアを通してお子さんの歯を守ってあげることが大切になってきます。そして正しい歯磨きを習慣づけることも大事です。

虫歯だけでなく歯並びなどお子さんのお口の健康を守り、大人になったときに「ありがとう」と感謝されるお口のケアを目指しましょう。そのためにも、定期的にプロの歯科医の検診を上手に利用してください。

体も心も日々成長する子どもの歯の治療

子どもの歯科治療は基本的には大人の治療と変わりはありません。虫歯は削りますし、削った跡は詰め物をします。
ただ、ひとつ注意が必要なのは、子どもの歯や歯を支えているあごの骨は日々成長しているとうことです。したがって、永久歯が生えそろって骨の成長が一段落するまでは常に変化しているということを常に念頭において治療やケアを行うということが大事になってきます。
また身体の発育だけでなく、子どもの心の成長、生活環境の変化(就園、就学など)に気を配り、年齢に応じた症状の出方の特徴などを考慮して、的確な診断を心がけています。

生えてから1、2年が勝負

歯が生えはじめて1、2年の時期に徹底したケアをすると、生涯、虫歯や歯周病医になりにくい歯質をつくることができ、それを維持する生活習慣を身に着けることができます。
徹底したケアで虫歯菌、歯周病菌を増やさない。ご家庭と私たち歯科のプロがタッグを組んでお子さんの健康な口内環境を守りましょう。

シーラント

歯の溝を守る

シーラントとは、歯の咬合面にある溝に詰め物をすることで虫歯予防をする処置のことです。
歯の溝には目に見えない細かい割れ目があって、虫歯菌が侵入しやすくなっています。生えたての歯は柔らかくて、虫歯菌への抵抗力もありません。
そこで、歯ブラシも届かない細かい割れ目を溝ごとプラスチックやセメントで埋めてしまうことで虫歯予防につなげます。
詰め物は歯と同じ色で目立ちません。子どもの虫歯予防にはとても効果的な方法です。
シーラントは健康保険適用の措置ですから費用的にも安心です。

シーラント治療の流れ
  1. 専用ブラシで歯をきれいにします。
  2. 専用ブラシで歯の溝をきれいにします(超音波や薬液を使って洗浄することもあります)。
  3. 歯の溝をシーラント材で埋めます。
  4. シーラント材に光を当てて固めます。
  5. 噛み合わせのチェックをして終了です。

フッ素で虫歯予防

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素は虫歯菌の酸に対抗して歯を強くします。フッ素はカルシウムと結合して歯の表面に沈着することでエナメル質結晶の安定化を促進します。さらに、虫歯菌が出す酸の量を抑え、溶け出したカルシウムとリン酸の再石灰化を促します。
虫歯予防のため、フッ素を塗ります。歯が生えて間もないお子さんの虫歯予防にはとても効果的です。年に3、4回定期的に塗布するのが有効です。

歯磨き剤もフッ素入りがおすすめ

歯磨き剤もフッ素入りのものを使うといいでしょう。日頃からのお口のケアで歯質強化にもつながります。フッ素入りの歯磨き剤は「フッ化物配合歯磨き剤」として販売されています。フッ化物の配合濃度が書かれていますので、お子さんの年齢にあった歯磨き剤を使うようにしましょう。フッ化物濃度と使用量の目安は以下の通りです。

年齢 分量 歯磨き剤のフッ化物濃度
〜2歳 切った爪程度 500ppm、泡状歯磨剤なら1,000ppm
3〜5歳 5mm程度 500ppm、泡状またはMFP歯磨剤なら1,000ppm
6〜14歳 1cm程度 1,000ppm
15歳〜 2cm程度 1,000ppm

歯磨き後のうがいは10~15mlの水で1回口をすすぎます。歯磨き後1、2時間は飲食を控えます。就寝前に使うと効果的です。

TEL:042-785-2251 24時間WEB予約
院長ブログ アクリアデンタルクリニック多摩センター DoctorsFile 当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました