一般歯科

虫歯ができるまで

虫歯ができるまで口腔内には500〜700種類ほどの細菌が棲んでいます。その中にはミュータンス菌などの虫歯菌がいて、これが虫歯をつくります。

ミュータンス菌は食事などで口に入ってくる糖分を取り込んで酸を出します。この酸で歯の表面を溶かします。これを脱灰(だっかい)といいます。一方、唾液はミュータンス菌の出す酸を中和し、脱灰された歯を修復する働きを持っています。これを再石灰化といいます。
脱灰と再石灰化のバランスが取れているのが、虫歯がない状態です。脱灰が再石灰化に優ってしまうと、虫歯になってしまいます。

また虫歯の原因は、食べ物・細菌・歯質(宿主)からなるといわれており、これらが重なる条件で虫歯が発生します。このことを「Keyes(カリエス)の輪」といわれております。

細菌-虫歯菌の数や種類
➡当院ではホームケアできる「ポイックウォーター」があります。
ポイックウォーターは滅菌力が市販のものよりも強く、虫歯菌や歯周病菌を殺菌してくれる効果があります。
食物-主に糖類の摂取状況
➡みなさんが普段食べているほとんどの食べ物に虫歯菌の栄養となる糖が含まれています。
その糖類により虫歯になりやすいのです。また当院で多くの方に鉄欠乏が見られます。
歯質-食いしばりや歯ぎしり・唾液の性質
➡食いしばりや歯ぎしりにより歯にひび(マイクロクラック)が入ってしまい、そこに虫歯菌が入り込んでしまい虫歯になっていってしまいます。
当院では、拡大鏡を使っているので目では見えない部分もわかることができ、最小限の治療をすることができます。

むし歯になりやすいポイント

歯磨きが上手にできない

歯磨きが上手にできない歯磨きは虫歯菌を減らして唾液による再石灰化を促進する、大切な虫歯予防です。歯磨きで落とすのはプラーク(歯垢)です。プラークには多くの細菌が棲みついていて、虫歯菌であるミュータンス菌も多数棲みついています。奥歯の溝や歯と歯茎の境目など、しっかりと磨いて歯垢を落としましょう。歯間の歯垢も、歯間ブラシや糸ようじなどでしっかりと落とすように心がけましょう。

歯の質が弱い

皮膚が弱い方がいるように、歯の質が弱い方もいます。歯の質が弱いとそれだけ虫歯菌の酸に溶かされやすく、虫歯になりやすくなります。

虫歯菌の酸に対抗できるように歯を強くするには、歯の表面にフッ素を取り込むことが有効です。
歯のエナメル質や象牙質はカルシウムとリン酸からなるハイドロキシアパタイトという硬い結晶でできています。フッ素はカルシウムと結合して歯の表面に沈着することで、エナメル質結晶の安定化を促進します。さらに、フッ素は虫歯菌が出す酸の量を抑え、溶け出したカルシウムとリン酸の再石灰化を促します。

日頃からフッ素入りの歯磨きやフッ素入りの洗口剤を使うと効果的ですし(フッ化物配合と表示されています)、歯科医院でフッ素を塗ってもらうこともできます。

唾液の量や質

歯の質と同様に、唾液の量や質にも個人差があります。
唾液は多いほど、虫歯菌が出す酸を中和しやすくなります。病気や薬の作用によって唾液の量が減っている方、出にくくなっている方もいらっしゃいます。よく噛んで食事をしたりガムを噛んだりして、唾液の分泌を促進しましょう。
虫歯予防が目的ですから、口腔内環境を整えてくれるキシリトール入りのガムがいいでしょう。また、唾液腺マッサージも有効です。

質の違いもあります。唾液にも抗菌作用や口腔内のpH濃度を整えてくれる緩衝作用があります。この機能が弱い方もいらっしゃいます。虫歯菌が出す酸で脱灰が起こりはじめるpHは5.5以下だといわれています。酸性に傾いた口内環境を元(pH6.8〜7.0)に戻してくれるのが唾液の緩衝作用です。
唾液の質については唾液検査で調べることができます。

虫歯菌の数が多い

虫歯菌が多いか少ないかは唾液検査によって調べることができます。
代表的な虫歯菌であるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんにはいません。1歳7か月から2歳半までの歯が生え始める時期に、親や家族と共有するスプーンや箸などを通して感染します。この時期を「感染の窓」と呼ぶ歯科関係者もいます。この時期に感染が少なかった人は虫歯菌が少なく、虫歯になりにくい傾向があるといわれています。

間食が多い

虫歯菌は糖分を取り込んで酸を出します。間食が増えるとその分、脱灰が進む環境ができやすくなるといえます。間食、とくに糖分が多いお菓子や飲み物をなるべく控えるようにしましょう。

歯痛の具体的な症状

一口に虫歯で歯が痛いといっても、さまざまな症状があります。おもな症状を挙げておきましょう。

  • 歯に染みる(冷たいもの・温かいもの・どちらも)
  • 歯がズキズキと痛む
  • 歯茎が腫れて痛む、歯茎から出血する
  • 歯茎に違和感がある
  • 噛むと歯が痛い
  • 甘いもので痛む

歯痛の症状別:考えられる疾患と治療法

歯痛の原因は虫歯のほか、歯周病、歯髄炎、知覚過敏などさまざまあります。代表的な疾患について見てみましょう。

虫歯

歯痛で最初に思い当たるのは虫歯です。ミュータンス菌などの虫歯菌が出す酸によって歯が溶けて穴が空いてしまう病気です。
進行程度によってCO〜C4に分けられます。ちなみに「CO」は「シーオー」で、「O」は「Observation(観察)」の略、COは「要観察」という意味です。

CO 表面の透明度が失われ、歯の溝が黒茶っぽくなりはじめた状態。
C1 エナメル質がむしばまれた状態。痛みは感じません。
C2 象牙質まで溶けてむしばまれた状態。冷たいもの、甘いものが染みたりします。
C3 象牙質の奥の歯髄(神経)にまで虫歯が進行した状態。ズキズキと痛みます。
C4 歯冠部(見えている歯の部分)がほとんど溶けた状態。歯髄も死んでいるので痛みは感じません。
虫歯の治療方法

COの虫歯になりかけの状態では、フッ素を塗るなどして自然治癒を促します。
C1〜C2では、インレーという詰め物をします。麻酔をして虫歯になった部分を削り取り、かみ合わせなどを調整した上で、詰め物を整えます。

インレーはいくつかの種類があります。

保険診療で使われるのは金銀パラジウム合金です。安価で割れにくいのが大きなメリットです。一方、銀色の詰め物が目立って審美性に欠けます。金属アレルギーを起こしたりすることがあります。また、隙間が空いて細菌が侵入するため、詰め物の下で虫歯が進行することがあるというデメリットがあります。

自由診療にはなりますが、もっとも自然な歯に近いセラミックやジルコニア、適合が抜群で、金属アレルギーも回避できる金合金や白金加金などのものがあります。

歯は安全性、耐久性はもちろん、審美性も大事です。歯の治療跡が目立つのが嫌で人前で笑えない、出掛けられないなど、心理的な影響も小さくなく患者さんのQOL(生活の質)を大きく左右するものです。患者さんとじっくり話し合い、ライフスタイルや生活信条などを考慮して、最適なものをご提案いたします。

親知らず

親知らずとは

親知らずはもっとも奥に生えてくる歯で、第三大臼歯といいます。10歳代後半から20歳代前半にかけて、永久歯のなかで最後に生えきます。ただ、永久歯がすでに生えそろっているため、横向きに生えたり斜めに生えたりすることがあります。また、生えてこない人もいます。

親知らずは抜いたほうがいいのか?

「親知らず=抜くべき歯」ということはありません。とくに不都合がなければそのままにしておいても問題はありません。ただ、抜いたほうがいいものがあります。

抜いたほうがいい親知らず

満足に咬むことができない

歯は、上下に相手の歯が揃っていてはじめて、噛むことができます。相手の歯がない親知らずは抜歯してもいいでしょう。

歯磨きが十分にできない

歯磨きが十分にできず虫歯や歯周病で腫れや痛みを繰り返し起こす場合には、抜歯が選択肢になってきます。

抜かなくていい親知らず

上下で噛み合っている、虫歯や歯周病になっていない、歯磨きがしっかりできている、移植の可能性があるなどの場合には、抜く必要はありません。
移植の可能性とは、他の奥歯に抜歯せざるを得ないトラブルが出た場合に、残しておいた親知らずを移植することができるということです。

親知らずのトラブル

抜いたほうがいい親知らずは、どんなトラブルを引き起こすのでしょうか。虫歯や歯周病のリスクだけでなく、生え方で引き起こされるトラブル、回りの歯への悪影響など、さまざまなトラブルがあります。

歯茎が腫れる

歯茎の腫れは汚れや細菌感染が原因です。歯ブラシが届きにくく、十分に磨けないことで発生します。クリーニングやブラッシングで汚れを取り、薬で炎症を抑えたりしますが、しばらくすると症状を繰り返すことが多くあります。

手前の歯が虫歯・歯周病になる

親知らずにブラシが届いていないケースでは、手前の歯との間に汚れや細菌がたまっていることもあり、親知らずとともに手前の歯も虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

手前の歯の歯根吸収

親知らずが手前の歯の根の部分に食い込んで、根の一部を吸収してしまうことがあります。その歯はしみたり、痛みが出たりします。場合によっては長く持たせることができないこともあります。

頬を噛む

親知らずが生えてくると噛み合わせが変わります。口の中で頰裏の部分を噛んでしまうことが多くなります。そのうちに口内炎ができることがあります。また片側の親知らずだけのケースでは、噛み合わせの歯を求めて親知らずが伸びてきます。

親知らずの抜歯方法(水平埋伏)

歯茎の切開

周囲の歯茎に麻酔を施し、親知らずが埋まっている部分を切開します。

上部除去

親知らずの頭部を分割して取り除きます。

残り除去

周囲の骨を削って抜きやすくし、根っこ部分を抜きます。

縫合

傷口を縫合して終了です。

親知らずを抜く際の注意点

切開、縫合に関する注意

歯茎は縫合したほうが治りが早いため縫合することがあります。その際、抜歯は1週間〜10日後になります。抜歯後30分程度は出血があるためガーゼを噛んで止血します。1週間程度で歯茎が治り、数ヵ月で骨が修復されてきます。
傷口には汚れがたまりやすいため、柔らかいブラシで汚れを取り除くか、消毒用うがい薬などで感染予防を行う必要があります。

腫れた、痛みが出た際の注意点

抜歯後、腫れて痛むことがあります。2、3日後が腫れや痛みのピークです。痛み止めを服用して治まるのを待ってください。

ドライソケット

1週間以上痛みが引かず、むしろ抜歯直後よりひどくなっている場合には、ドライソケットを疑ったほうがいいでしょう。
親知らずを抜いた骨を含む空洞は、通常血餅(けっぺい)というゼリー状の組織で埋められます。これは赤血球、白血球、血小板、繊維素からできていて、かさぶたと同じ役割を果たします。止血だけでなく、歯肉や骨の回復もサポートする大事な組織です。抜歯から2日程度ででき、痛みも治まってきます。
何らかの理由で血餅が剥がれて患部がむき出しになった状態をドライソケットといいます。何もしなくてもズキズキ痛み、食事などをするとさらにひどく痛みます。
軟膏などで傷口を保護しますが、場合によっては再び出血させて血餅をつくる治療を行うことがあります。

食事について

抜歯直後は痛みや腫れで口が開けにくい状態です。しばらくは反対側で噛むなどして、刺激物などもできるだけ避けるようにしてください。
傷口にはものが挟まりやすい状態です。出血や感染症のリスクがあるため、挟まったときにはむりやり取ったりせず、優しくうがいをするか、それでも取れない場合には無理せず、当院までご連絡ください。

内出血

内出血のために顎やエラのあたりに紫色のアザができることがあります。色素が薄い方や女性で目立つ傾向があります。紫色から黄色に変色しながら広がっていきますが、1週間ほどで引いていきます。

神経麻痺

下の親知らずは根のすぐ下に下歯槽神経という太い神経が通っています。これを傷つけると片側の舌や顎が麻痺することがあります。挫滅や圧迫、切断などの損傷程度によって回復具合は異なりますが、回復までに数日から数年かかることもあります。
CTなどで親知らずと神経との距離を確認して処置に当たります。当院での施術が難しいケースでは専門の口腔外科を紹介することもあります。

TEL:042-785-2251 24時間WEB予約
院長ブログ アクリアデンタルクリニック多摩センター DoctorsFile 当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました